FC2ブログ

山菜栽培とシオデ(ひでこ)苗の生産販売を始めた行政書士・土地家屋調査士のブログ

シオデの種子の越冬方法

10月に採取したシオデの種子を越冬させます。

種子の越冬は毎年の事ですが、その方法は毎年少しずつ進化してきました。

始めた頃は種子を洗い出してからバーミキュライトをまぶして土中に埋めたり、冷凍保存しておりました。

毎年試行錯誤を重ねて現在の方法にたどりつきました。

液果1
採取したシオデの液果

液果2
今年は液果をバラバラにしからて越冬させる事にしました。
その方が種子を洗い出す時に楽だからです。

液果3
分離作業が終わりました。

ネット
ネットに入れます。

保護1


保護2
ネズミなどの動物がたべられないように、水稲用の育苗箱でサンドイッチ状態にします。

越冬場所
いつもの越冬場所にセットして枯葉で覆います。

完成
これで越冬準備完了です。

シオデの種はまもなく降ってくる雪の下で春を待ちます。

要するに、種子が乾燥せずに越冬出来れば良い訳ですが、土中に埋めるより枯葉の中の方が良い環境で冬を越せます。

ひと冬超して春になると、枯葉の中で越冬した種子は色が濃くなっており、成熟しているのが解ります。

冷凍した種子は、洗い出す時になかなか分離しませんが、枯葉の中で越冬した種子は簡単に分離します。



シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村 通販ブログ


スポンサーサイト



つくね芋・長芋・自然薯の収穫

長芋・自然薯は大失敗。つくね芋はそれなりに収穫。
つる枯れ
シオデ畑の隣に三種類の山芋を植えています。
つくね芋のつるは10月下旬に枯れます。続いて長芋が枯れ、自然薯は最後となります。

収穫
一足早く10月下旬に収穫したつくね芋です。
毎年、芽出しをせずに植えますが、今年は植えた後になかなか芽が伸びて来ませんでした。
そのため、今年も良い芋はごくわずかしか収穫出来ませんでした。

長芋収穫

長芋
収穫した長芋です。長芋の体をなしていません。

自然薯収穫
長芋と同じく自然薯も大失敗です。

長芋と自然薯は去年に引き続き今年も大失敗となりました。

長芋越冬
長芋

自然薯越冬
自然薯

長芋と自然薯は半分収穫して残りは越冬させ、残りは来春にします。

失敗作の長芋と自然薯は形が不整形のため、料理するのに大変手間がかかります。
なので、知人にあげる事もできず、身内で食べるしかありません。

来年はクレバーパイプによる栽培をやめて、波板を使った栽培にしようかなとも考えております。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村 通販ブログ







シオデ畑の秋作業

シオデ畑の秋作業は種子となる液果の採取と地上部の茎の刈り取りです。
液果1

液果2
畑の中には雄株と雌株がランダムに植えてありますが液果が付くのは雌株のみです。
粒の大きな液果を選んで採取し、来春に播種します。

種子
今年はこれだけ採取しました。


刈取前1
種の採取は毎年10月中旬です。
種を採取した後は茎の刈り取り作業となります。

ウイングモア
ウイングモアで刈り取りと同時に茎を粉砕します。
以前はブッシュで刈り倒してからハンマーモアで粉砕していましたが、フリーナイフ付きのウイングモアはこの作業が一度で出来てしまいます。
中古のウイングモアを買ってナイフをフリーナイフに交換したものですが、快調に作業出来ました。

刈取後2
半日ずつ2日かかってこの作業を終えることが出来ました。

毎年恒例の秋作業ですが、歳を重ねるごとに気力と体力の衰えを感じます。



シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村 通販ブログ






シオデの植え替え

2年物の苗を一回り大きなポットに植え替えました。
カット
この写真は植え替えにあたって、伸びすぎた根をカットしているところです。

植替前
お彼岸が過ぎて、植え替え前の苗は「枯れ」が進んでいます。

カット前
ポットから取り出した2年物の苗はこんな状態です。

カット後
伸びた根をカットして整えます。

植替1

植替2
一回り大きなポットに植え替えます。


植替後
植え替え完了後の苗です。


「枯れ」が進んで悲惨な状態に見えますが、来年の春にはきれいな新芽を出しますので心配無用です。

植え替え時期には、すでに翌年に芽を出す新芽が根株に育っております。

出荷時には茎をカットして「ポット入り根株」の状態での出荷となります。



シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村 通販ブログ




大成功!!シオデの発根

失敗続きで試行錯誤を続けていた「シオデの発根」が今年はついに「大成功」となりました。
遮光トンネル1

遮光トンネル2

埋込1
シオデは、梅雨入り前に播種した種が、お盆過ぎには発根しています。
発芽して新芽が出るのは、さらに冬を越して翌年の春となります

ところが、種を蒔いた場所または苗箱の置き場所の自然環境がシオデにとって最適でないと発根してくれません。

きびしい夏の暑さで種が乾燥すると種が跡形もなく消滅してしまうのです。

これまで、杉林の中・桜の木の下の日陰・遮光ネットに覆われた苗置き場など、いろいろな場所に置いて夏を越してみました。

平成21年からさまざまな失敗を重ね、試行錯誤を繰り返してきましたが、11年目にしてやっと報われました。


苗置場
今年は苗置き場で水やりしながら管理した苗箱も発根に成功しました。

発根4

発根3
苗置き場のシオデも発根はしていますが、根のは育ち具合は遮光トンネルの物より見劣りします。


直まき状況
こちらは花壇の一部に直播きしたものです。

直まき発根
直播きは確実に発根しますが、発芽した後、一端苗箱に移植してポットに鉢上げするまで育成しなければならないのでひと手間かかりますし、苗にストレスがかかるようであまり良くありません。

シオデの苗作りも趣味でやるには気軽に出来ますが、商売として毎年安定的に大量に生産しようとすると難しいものがあります。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村 通販ブログ





長芋の花とシオデの秋枯れ

稔りの秋が到来しました。
自然薯の花

長芋の花が咲き、ムカゴが付きました。

長芋畑

シオデ畑の隣には、つくね芋と自然薯と長芋を少し植えてあります。

長芋には白い花が咲き、ムカゴがたくさんつきました。

昨年、長芋にはたくさんのムカゴが付きましたが、自然薯にはムカゴがほとんど付きませんでした。
なぜなのか、私には解りません。


畑のシオデ

シオデ畑では雑草が元気に伸びています。
シオデは秋枯れが進んできました。

庭のシオデ

自宅の庭のシオデです。
こちらは少しカビ菌にやられたようです。

今年こんな状態でも、翌年の春にはきれいな新芽が出てきますので心配は無用です。



シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村 通販ブログ

南三陸町キラキラうに丼を食べてきました

今年の盆休みは15日に南三陸町まで「キラキラうに丼」を食べに行ってきました。
メニュー
これが噂のキラキラうに丼です。


さんさん商店街1
南三陸町のさんさん商店街には午前11時前に到着しました。

さんさん商店街2
駐車場はかなり混み合っていました。

キラキラうに丼
ひととおり店舗を下見してから「弁慶鮨」に入りました。
すでに順番待ち状態でしたが、早い時間帯なのでまもなく席に着く事が出来ました。

メニューどおりの「キラキラうに丼」が程なく出てきました。

久々に「うに丼」を堪能し、わずかながら散財して復興支援に貢献してきました。

モアイ像
ここにはなぜか「モアイ像」がありました。
翌日にネットで検索すると「モアイ像」設置の詳しい経緯が出ていました。


大島大橋1
帰路は気仙沼を経由して気仙沼と大島を結ぶ「大島大橋」を見てきました。

大島大橋2
この橋は、一昨年に気仙沼大島に旅行した時にはまだ未完成でしたが、今年の春に完成したそうです。
橋のたもとの駐車場に車を止めて橋の中程まで歩いてみました。
三陸地方特有のヤマセで霧がかかったような空模様でした。

三陸を回って自宅に帰ってみると、秋田は35度超えの猛暑日だったとの事で、暑さの余韻が残っていました。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村 通販ブログ


シオデの結実と3回目の草刈り

シオデの雌株は結実し、畑は3回目の草刈りが終わりました。
結実2

結実1
シオデの実は個体によって形状に違いがあります。
上の写真は尖った実が付いていますが、下の写真の実は尖っていません。
尖った実の付くシオデは少数派です。


草刈前
草刈り前の畑は雑草が伸びています。
クローバが増殖しています。
10年前は稲科の草丈が長い雑草が多かったのですが、毎年5回の草刈りを続けているうちに、
クローバなど草丈の短い草が多くなりました。

ウイングモア2
昨年から、ヤフオクで買った6万円の中古ウイングモアが大活躍しています。
以前はブッシュで刈っていたのですが、自分の老化とともに肉体的な負担が大きくなったため
機械を導入しました。


草刈後
午前中の涼しい時間に、数日かけて約2反歩の畑と外周の草刈りが終わりました。

て゜も、1か月後には4回目の草刈りが待っています。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村 通販ブログ


シオデ苗の鉢上げ

シオデの新苗の鉢上げが完了しました。
植替


選別1
苗箱の新苗から良い苗を選抜します。


選別2
この写真の場合、右端手前の苗は生長具合が良くないので廃棄します。

植替完了
姉に手伝ってもらいながら、数日かかって2000個の鉢上げが完了しました。


庭のシオデ
こちらは庭に植えたシオデです。
畑のシオデよりだいぶ遅く発芽しましたが、こんなに大きくなりました。
今年は収穫せずに育成します。

シオデ畑は3回目の草刈りが始まりました。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村 通販ブログ





個性的なシオデの生態

シオデには様々な個性があります。
畑
この時期のシオデ畑です。

4年目頃
まだ、こんなに小さいシオデもあります。
発芽してから4年目ぐらいの育ち具合の株です。
この畑は10年前に1回しか植えていないのですが、このような小さな株があちこちにあります。
あと1~2年すると収穫できるくらいに成長するかどうかはわかりません。

赤萌芽
今頃になって萌芽してきた株もあります。

赤茎1
この株は頭頂部を収穫されたため、わき芽が大きく育っています。


赤茎3
この株は2mを超えるほど成長しています。


2本
2本仲良く育っています。


花1
シオデは白い花をつけます。


花2
白い花の散った後には雌株だけ青い実が付き、秋にはそれが葡萄色に色づきます。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村 通販ブログ



シオデの種蒔き (番外編)

シオデの種蒔きで残った種子を新しい方法で蒔いてみました。
播種1
シオデの種は液果のまま枯葉の中で越冬させるのが一番良い事が解りました。
昨年のチャレンジは、液果のまま地面に種子をばら撒いて覆土する方法でした。
これが、見事に成功しましたので、今年は苗箱に越冬した液果を播種してみます。

播種した種を乾燥させずに、適当な水分を保ったまま暑い夏を乗り切る事ができるのか、
これまでの経験を元にチャレンジしてみます。


播種2
適当な密度で種を配置します。
昨年のばら撒きした苗は良く発芽しましたが、苗の密度が非常に高く、1本ずつの成長スペースを確保するために、
発芽後苗が小さいうちに苗箱へ移植する必要がありましたので、最初から間隔を開けて種を配置しました。


覆土
床土と同じ無肥料の培養土で覆土しました。

完了
これで水管理を気をつけながら夏を越してみます。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村 通販ブログ


2回目の草刈り完了

シオデ畑の2回目の草刈りが完了しました。
機械
一昨年オークションで落札したウイングモアはボロボロの中古ですが、よく働いてくれます。


畑1
畑は次々とシオデが萌芽し、収穫シーズンとなりました。


畑2
草刈り完了と言っても、一月後には3回目の草刈りが待っています。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村 通販ブログ


シオデの種蒔き-後編

シオデの種蒔き-後編です
今回は、昨年までの経験を踏まえて苗箱を土中に埋め込みます。
苗箱1

苗箱2
14個を埋め込みました。


枯葉1

枯葉2
より自然に近い状態で、種を乾燥させないよう、表面に枯葉を敷き詰めます。
この枯葉は、この冬、種を越冬させた時に使用した枯葉で、水分の多い状態の枯葉を使用しました。

遮光ネット
枯葉をさらに遮光ネットで覆います。

完成

完成2
さらに、遮光ネットのトンネルで覆い、完成です。

花壇の一部に種を直播きしてみます。
花壇1
あまった種を筋蒔きしてみました。

花壇2
覆土は市販の黒土を使ってみました。

花壇枯葉
覆土のうえを枯葉で覆います。

遮光1
遮光ネットを二重にして押さえます。

猫よけ
猫よけの薬剤を周りにまいて完成です。

花壇完成
ここ数年、苗箱に蒔いた種を乾燥させずに夏を超す方法を模索してきました。
3年ほど失敗続きで、どうすれば暑い夏を越せるのか確実な方法を考えておりました。

木の下の日陰や杉林の中など、色々試してきましたが、直播きするのが一番確実であることがわかりました。

ところが、直播きした苗は、種どおしの間隔が狭いため、発芽した後、あまり大きく育ってくれません。

発芽した後で、あまり大きくならないうちに成長スペースを確保できるように植え替えてあげなければならないのです。

昨年までは、木の下や林の中に苗箱を置く時に防草シートを敷いてから置いておりました。
その方法では、いくら上部に枯葉や敷き藁をしても、日陰に置いても種の乾燥を防止できなかったようです。

そこで、播種した苗箱を土中に埋め込む方法を考えました。
今年こそ成功したいものです。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村 通販ブログ

シオデの種まき-前編

梅雨入りの前にシオデの種まきをします。
播種

苗箱に市販の培養土を入れます。
苗箱

種は昨年の秋に採取した液果を枯れ葉の中で越冬させたものです。
冷凍保存したものより、自然に近い状態で越冬した物の方が洗い出し作業が格段に楽です。
昨年までは冷凍保存を主にしておりましたが、今年からは「枯れ葉の中」が主となりました。
自然に近い状態で越冬した方が種の登熟が進んでいるようです。
種子1


洗い出した種子の水分をよく拭き取ってから播種します。
水分の拭き取りは、ペット用オシッコシーツに濡れた種子を二つかみほど置いてペーパータオルで上から押さえるように
して行います。
種に水分が残っていると種同士がくっついて、うまく蒔けません。
種子2

一番上の写真のように、プラグトレーを置いて2粒づつ種を蒔いていきます。
播種後
どうすれば均等な間隔で種をまけるのか考えてプラグトレーを利用する方法にたどり着きました。
筋蒔きでも良いのですが、新苗が芽を出した後、鉢上げするまでの間に成長するスペースを確保したくて
この方法に行き着きました。

黒土

培養土1

培養土2
覆土は3種類を試すことにしました。
昨年は地面に直播きした発芽に成功しましたが、箱育苗の苗は3割しか発芽しませんでした。
播種してから、種が乾燥しないように夏越すのが育苗のコツなのですが、いまだに試行錯誤の繰り返しです。

後編に続く....


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村 通販ブログ




シオデの季節

シオデ畑では、次々にシオデが萌芽してきます。
畑1

畑2
平成21年に植えたシオデの苗は10年後にはこんな状態になりました。

萌芽1

萌芽2
親指ほどの太さの個体もあります。

160cm.jpg
こちら個体は160cmあります。

180cm.jpg
こちらの個体は180cmで上部を収穫しました。

このようにシオデの個体は年々伸び続けますが、上部を収穫すると、次の年には2~3本に分かれて前年より小ぶりのシオデが萌芽するようです。
畑のシオデは本数が多く、個体を個別に追跡調査しておりませんのでシオデの生態はよくわかりません。


庭ひでこ2世
自宅の庭に植えたシオデはまだ芽が出てきませんが、自然に落ちたシオデの実から芽吹いた2世は発芽しました。
写真中央の白っぽく昨年の枯れた茎が写っています。
芽吹いた新芽はどうやら2年物のようです。

シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村 通販ブログ



シオデの萌芽が始まりました。

田植えが始まり、シオデ畑ではシオデの萌芽が始まりました。
萌芽2
萌芽1
赤茎のシオデが早く、青茎は少し遅れて萌芽するみたいです。
この後、次々に萌芽が始まります。

新苗
こちらは苗置き場の新苗です。
きれいに新芽が出そろいました。

2年物
2年物の苗です。

3年物
こちらは3年物の苗です。

大型連休からずっとシオデ畑の草刈りや苗の世話を続けてきました。
やっと段取りがついたので、少しは本業に精を出すことができそうです。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村 通販ブログ




1回目の草刈り完了

桜の花も散りはて、今年もシオデ畑の草刈りが始まりました。
シオデ畑1
シオデ畑はシオデの萌芽が始まる直前です。

ウイングモア
このタイミナグで今年1回目の草刈りです。
一昨年秋にオークションで落札したウイングモアの出番です。

シオデ畑2
ウイングモアとブッシュを駆使して草刈りです。

年を重ねるごとに体力的にしんどくなってきましたが、2日間でどうにか完了です。



シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村 通販ブログ

初雪が降りました

11月30日、初雪が降りました。
初雪1
今年は昨年より10日ほど遅い初雪となりました。

初雪2
今年の初雪は、ほんの挨拶程度です。

初雪3
師走に入り、いよいよ本格的な冬が訪れようとしています。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜  ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村 通販ブログ




プロフィール

ひでこ屋

Author:ひでこ屋
秋田民謡「ひでこ節」発祥の地で、山菜シオデ(別名ひでこ)の栽培に取り組み、シオデ苗の生産販売を始めた農業と士業を兼業するオヤジです。

☆取り扱い商品
  シオデ(別名ひでこ)苗
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR