FC2ブログ

山菜栽培とシオデ(ひでこ)苗の生産販売を始めた行政書士・土地家屋調査士のブログ

シオデ苗の植え替え作業

彼岸となり、毎年恒例のシオデ苗の植え替え作業を行いました。
植替え

植替前
カーポートの車を移動して臨時の作業場とします。
植え替え前の苗は少し枯れ始めています。

ループ根
ポットから取り出した苗は根が伸びて、ポット時の中でループ状になっています。

ループ根カット
ループ状に伸びた根は、新しい根が伸びやすいようにカットして整形します。

カット後の根
整形した根には来春発芽する新芽が育っています。

土の準備
昨年の植え替えで回収したポットの土に米ぬかを混ぜて一夏休めた土に培養土と肥料を追加してポットの土を作ります。
籾殻クン炭と炭粉を加えるのが私のやり方です。
土と肥料の割合は試行錯誤しながら毎年微妙に変わります。

土混合
衣装ケースの中で手作業で混合します。
昔、土間コンクリートを打設する時、スコップを使い、二人一組でセメントと砂利を鉄板の上で混合していた情景を思い出し
衣装ケースの中で両手を交互に使って混ぜ合わせる方法を考えつきました。

植替作業
この時期、毎年姉と妻に手伝ってもらいながらの植え替え作業です。

2年物
 植え替え作業が完了した2年物の苗です。
 来春には3年物の苗として販売します。

1年物
 こちらは除草が終わってスッキリとした一年物の苗です。

当地は例年より少し早く稲刈りが始まり、晴天に恵まれて今が真っ盛りです。


シオデ栽培の詳細は「ひでこ屋」のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



シオデ畑に昼顔の花

シオデ畑には昼顔の花が咲いています。
畑・夕顔
昼顔は毎年生え、シオデに絡んで成長するので大変困ります。
6月頃の生え始めに少しは取り除くのですが、取り残した昼顔はシオデを覆い尽くすように成長してしまいます。
無農薬栽培のため除草剤を使うことが出来ず、悩みの種です。

畑1
秋の気配が感じられるこの頃ですが、シオデはまだまだ元気です。
一月後には秋枯れがもっと進むはずです。


畑2
畑はお盆過ぎに5回目の草刈りを終えました。

牧草1
シオデ畑の隣は牧草地となっており、その隣がタラノキ畑です。

ギシギシとヨモギに加え、ヒエなども生えてくるのでその対策に結構手間がかかります。

牧草2
こちらは昨年廃止したシオデ畑で、元の牧草畑に戻しました。

歳を重ねるごとに農作業もつらくなってきたので、70歳を目前にしてそろそろ終活を始めました。

13年前にシオデ栽培を始めた時は、終わりのカタチをイメージすることが出来ませんでしたが、70歳を目前にして
最近特に老化が進んで来た事を自覚し、そろそろ終わりに向かって進まなければならないと思うようになりました。

後継者がいないため、最終的にはシオデ畑もタラノキ畑も全面的に元の牧草地に戻して終わらなければなりません。

昨年から今年にかけて、手始めとしてシオデ畑の一部を牧草地に戻しました。

来年はタラノキ畑を牧草地に戻そうと計画しております。


シオデ栽培の詳細は「ひでこ屋」のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村




シオデの雌株が結実

シオデの雌株に実がつきました。
結実
この時期になるとシオデは雌株のみ結実します。
雄株に実は付きません。
付いた実は秋にはブドウのように紫色に熟し、実の中に種が育っています。

畑1
シオデ畑のようすです。

畑2
畑は4回目の草刈りを終えました。

自然薯
シオデ畑の隣で自然薯の栽培に挑戦して3年目となりました。
なかなか難しくてまともな自然薯ができません。

自然薯の花
自然薯の花が咲いています。

長芋
自然薯の隣では長芋の栽培にもチャレンジしています。

長芋も自然薯も自分の休耕田では中々良く育ってくれません。


つくね芋
つくね芋は隣の地区で「山の芋」と称して栽培されており、こちらは自分の休耕田でもそれなりに育ってくれます。

庭のシオデ1
こちらは自宅庭に植えたシオデの様子です。今年は収穫せずにほったらかしています。

苗置場
苗置き場では写真右側の2年物が特に元気良く育っています。
左側は7月上旬に鉢上げしたばかりの1年物です。


シオデ栽培の詳細は「ひでこ屋」のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村



シオデ苗の鉢上げ

7月に入り、毎年恒例となるシオデ苗の鉢上げ作業をしました。
ポット用培土
ポットに入れる培土は、前年に植え替えした時に回収した古い培土に新しい培土と「籾殻クン炭」「炭の粉」などを混合して作ります。

培土混合
混合はプラスチック製の衣装ケースを利用して手作業で行います。

苗選別1
今年の苗はよく出来ました。

苗選別2
苗箱の中から苗を掘り出し、良い苗を選別します。
左手前の苗は、細かったり短かったりして廃棄する苗です。
右側が選別した優良な苗です。
優良な苗は少なく、ほとんどが廃棄処分となります。

選別3
優良な苗は、根が発達しており、茎もしっかりしています。
種がまだ残っているものと、残っていないものがあります。
新苗はこの時期まで種子の養分で育ち、その後、種から離れて自活して行きます。
右側の苗には種の横に、来年目を出す新芽が育っているのが確認できます。

鉢上げ
植え替え作業は毎年妻と姉に手伝ってもらっており、感謝・感謝です。

鉢上完了
2日かけて約1000個の鉢上げが完了しました。


シオデ栽培の詳細は「ひでこ屋」のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村




シオデの種蒔き-その2

シオデの種蒔き後編です。
床土1
苗箱に床土をいれます。
床土は、ポット植え替え時の古い土を1年休めてリサイクルした土に新しい培養土を足した物を使用しています。
床土には「もみ殻クン炭」と土壌改良用の「木炭粉」を混ぜています。

種子2
播種する前に種子の水分をよく取り除いておきます。そうしないと手にまとわりついて、手から種がうまく離れないのです。
水分の除去にはペットシーツを利用しております。

穴あきトレー

播種
播種はプラグトレーの穴を利用して均等に蒔きます。


覆土
3センチぐらい覆土します。

散水
播種した後はたっぷりと散水します。

枯れ葉1
苗箱をしっかりと土中に埋め込んでから、枯葉をかぶせます。

枯れ葉2
枯葉は種子の乾燥を防いでくれます。

完成
遮光ネットで覆えば完成です。
昨年は遮光ネットの上から、さらに遮光ネットのトンネルで覆っておりましたが、今年から止めました。
枯葉を厚めに敷いたので多分大丈夫でしょう。


シオデ栽培の詳細は「ひでこ屋」のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村




シオデの種蒔き-その1

6月上旬にシオデの種蒔きをしました。
種子2

シオデの種は昨年の12月から越冬用の枯葉の中で冬を越しました。
越冬1

枯葉の中には、こんな感じでシオデの種が越冬しました。
越冬2

水稲用の育苗箱でサンドイッチにされた中にはネットに入れたシオデの種が入っていました。
種子1

こうして冬を越した種子の洗い出し作業は、秋に洗い出しを行うよりもずいぶん楽に種が洗い出せます。
洗い出し1

洗い出し2

洗い出し3

種子2
播種する前には種子の水分をなるべく少なくします。
そうしないと手にくっついて均等に蒔くことが難しいからです。
種子4
種蒔きブログは、その2に続きます。


シオデ栽培の詳細は「ひでこ屋」のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村





畑の栽培シオデと宅地のシオデ

シオデ畑の栽培シオデは萌芽がだいぶ進みました。
畑1
シオデの収穫は週2回程度です。

畑2
2~3日手をかけないと、隣の列のシオデと絡まったりします。

畑3
頭頂部を収穫した後は「わき芽」が伸びてきます。

庭1
自宅の庭に植えたシオデもだいぶ伸びてきました。

庭2
このシオデは昨年か一昨年に頭頂部を収穫したようです。
自分の事ですが忘れてしまいました。
収穫後はこのように少し細くなるようです。

庭3
これは昨年植えた株です。
目印を立てておかないと雑草と一緒に刈り取ってしまいますので気をつけましょう。

苗置場1
苗置き場の様子です。
写真手前のポット9個は今年発芽しなかった3年物の苗です。
2年目まで良く育っていても3年目に発芽しない苗が必ずあるので、苗を売る時は発芽を
確認してから発送することにしております。


シオデ栽培の詳細は「ひでこ屋」のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村



シオデの収穫作業始まる

シオデの収穫作業が始まりました。収穫1
シオデは十分に立ち上げてから頭頂部を30センチほど収穫します。

わき芽
わき芽も収穫出来ます。

わき芽2
わき芽も頭頂部と同じように食べることが出来ます。

萌芽1
次々に萌芽してきます。

萌芽2
このシオデは2メーター近くまで伸びています。

萌芽3
頭頂部を収穫した株は「わき芽」が伸びて来ます。
わき芽はあまり収穫せずに株を育てましょう。

萌芽4
このぐらいがちょうど食べ頃です。

私は植え付け時に2株ずつ植え付けました。
シオデの株には個性があって成長度合いがさまざま異なります。
頭頂部を収穫すると、翌年には細くなった株が複数萌芽します。
このシオデの変遷にも個性があり、それぞれの株で違いがあります。
私の畑では毎年収穫出来ますが、どの株から収穫しているのかわりません。
収穫後、何年後につぎの収穫ができるようになるのかは不明です。
この畑でデータを取ろうとしたのですが、マーキングがめんどうでまだ取れておりません。

どなたかチャレンジしてみませんか?


シオデ栽培の詳細は「ひでこ屋」のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村




シオデの萌芽が始まりました。

「ひでこの里」と言われている当地では、田植えが最盛期となり、シオデ(ひでこ)の萌芽が始まりました。
萌芽1
減反した水田にシオデの苗を植えてからもう12年になります。

萌芽2
ネットの情報をたよりにして始めたシオデ栽培でした。

萌芽3
この畑は最初に植えた5aの畑です。

萌芽4
シオデは個体によっておおよそ赤茎・紫茎・緑茎に分かれます。
長年の経験から紫茎が一番早く萌芽するようです。
その次に赤茎が萌芽し、緑茎は遅いようです。

庭のシオデ
自宅の庭に植えたシオデはまだ萌芽しません。
植えた所に目印を立てておかなければ雑草と一緒に刈り取られるおそれがありますので、庭に植える場合は気をつけましょう。
庭がある方は庭に植えるのがおすすめです。
毎年自宅の庭で山菜が採れるのです。植えてから収穫するまで2~3年はかかります。

苗置場
こちらは苗置き場の写真です。
左側の手前から、3年物、2年物、1年物の苗です。
3年物の苗は残りわずかとなりました。

2年物
これは2年物の苗で、一夏育ててから一回り大きなポットに植え替えて来年3年物の苗として販売する予定です。


シオデ栽培の詳細は「ひでこ屋」のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

新芽の発芽が始まりました。

桜の花が散って、シオデの発芽が始まりました。
1年物発芽
発芽した新苗の苗箱は土中から取り出して苗置き場に並べました。

移動前の苗
苗箱を取り出した苗箱の跡と、発芽を待つ2年物の苗です。

2年物発芽
2年物の苗は発芽した順に選抜して苗置き場に移動します。

3年物発芽
こちらはやっと発芽が始まった3年物の苗です。
4月30日から予約順に発送が始まりました。

苗置場
苗置き場は苗を置く前に洗浄してから消毒を済ませてあります。

アケビ棚
庭のアケビ棚です。
今年は思い切って剪定したので、だいぶスッキリした姿となりました。

アケビの花
今、アケビの花が盛りです。

シオデ栽培の詳細は「ひでこ屋」のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村



桜満開・シオデ発芽

公園の桜
近所の公園の桜が満開になりました。

自宅の桜
自宅のしだれ桜も咲きました。
この桜は、除雪機で吹き飛ばす雪が桜の新芽を傷つけるため、見栄えが良くありません。

新苗発芽
数日前に遮光ネットと枯葉を取り除いた苗箱からシオデの新芽が顔を出しました。
2年物、3年物はまだ発芽しません。

タラノキ
自宅裏に自生する「たらの芽」も大きくなってきました。


シオデ栽培の詳細は「ひでこ屋」のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村




苗箱にも春が来た

4月上旬、越冬した苗箱の環境を春仕様にしました。
遮光ネット
昨年の夏、トンネル状にした遮光ネットの下で暑い夏を越した苗箱は、枯葉と遮光ネットの下で冬を越しました。

枯れ葉

作業完了
遮光ネットと枯葉を取り除いて春の日差しを当て、新芽の発芽に備えます。
昨年までは、この時期に土中から苗箱を掘り出していましたが、今年はこのまま発芽させてみる事にしました。


シオデ栽培の詳細は「ひでこ屋」のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村






やっと雪が消えました

やっと雪が消えました。
畑1

畑2
彼岸が過ぎて、やっと雪が消えました。

もぐら穴
無農薬栽培のシオデ畑にはモグラやネズミの越冬した痕跡が生々しく残っています。


自宅の庭

自宅の畑
自宅の周りに堆積した除雪の雪山も徐々に小さくなってきました。

苗置場
苗置き場の雪もすっかり消えてしまいました。

そろそろ自分も冬眠から覚めて活動を開始しなければならないとは思うのですが、朝のうちは寒くて
外で仕事をしようという気にはなかなかなれません。


シオデ栽培の詳細は「ひでこ屋」のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村


雪の中から苗が顔を出しました

3月に入り、暖かい日が続いて雪解けが進みました。
苗置場2
苗置き場ではポット植えの苗が雪の中から顔を出しました。

苗置場
この春に出荷予定の3年物の苗の上に積もっている雪を取り除いて春の陽射しが良く当たるようにしました。

前庭
自宅前には除雪した雪がまだ山になっておりますが、だいぶ雪解けが進んでいるのが解ります。

裏の畑
畑にも除雪した雪が山になっております。ゴールデンウイークまで解けてくれれば良いのですが...

アケビ棚
アケビの棚に積もっていた雪は先日やっと消えました。

薪ストーブ
作業場の薪ストーブと除雪用の長靴もそろそろ出番がなくなります。

この冬は、横手市などでは自衛隊の出動を要請するほどの豪雪でしたが、横手市から40キロ程北方に位置する当地では豪雪の被害もなく、平年並みの冬を送ることがでできました。

「暑さ寒さも彼岸まで」と申しますが、本格的な春の訪れを待ちわびるこの頃です。



シオデ栽培の詳細は「ひでこ屋」のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村





スキーは楽し!!

趣味のスキーはやめられません。
パノラマ1
今年は週末の好天に恵まれず、なかなかスキーに行きかねておりました。

2月12日は金曜日でしたが絶好のスキー日和となったので久しぶりに隣県の八幡平パノラマスキー場へ出かけました。

今年の冬は本業も開店休業状態で、除雪と読書の日々が続いておりました。

67歳にして平日スキーの初体験です。

パノラマクワッド
ゲレンデはガラガラの状態でリフト待ちもありません。

リフト
コロナ禍ではありますが、平日は安心してスキーを楽しむことが出来ました。

岩手山
レストハウス前からは岩手山の山頂を望むことが出来ます。

レストハウスでもコロナ対策はしっかり施されており、テーブルの配置も間仕切りスクリーンも工夫して配置されておりました。

シニア割引のリフト券でしたが、昨年あたりから値上げしたようで、あまり割安感はありませんでした。

盛岡~松尾八幡平の高速道路運賃も平日は土日より高額でした。

ここのスキー場は最上部から最下部まで中斜面と緩斜面のゲレンデが続いて良く整備されており、我々シニアには最適です。

70代後半と見受けられる年配のスキーヤーも複数見受けられました。

私たち夫婦もあと10年と言わず、体の続く限りスキーを続けたいと思いました。


田沢湖
14日の日曜日には一人で地元の田沢湖スキー場へ出かけました。

カモシカゲレンデ
日曜日なのでスキーヤーで賑わっています。

気温が高くて雪が融け出し、ゲレンデの状態は春スキーのようです。

1.5時間くらい軽く滑って切り上げました。

ここのシニア割引のリフト券は割安感がありました。

昼食は密を避けてコンビニ食で済ませました。


シオデ栽培の詳細は「ひでこ屋」のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村



寒い朝は霧氷がきれい

放射冷却の朝は氷点下5度~10度となり、霧氷が見られます。
柿の木

霧氷1

霧氷2
大雪が一段落したあとは晴天の日が続き、寒い朝には霧氷がきれいです。

サッシの氷
薪小屋のサッシの内側も氷の結晶が見られます。

県道
朝、ゴミ出しに行ったら田んぼに霞がかかっておりました。

玉川の白鳥
玉川には白鳥が遊びに来ていました。
この橋の上からは秋田駒が岳が遠望でき、私の好きな風景の一つです。


シオデ栽培の詳細は「ひでこ屋」のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村


大雪が降った後は....

正月早々から続いた寒波が一段落しました。
今日は久しぶりに晴れて太陽も顔を出しました。積雪約70㎝
当地方の積雪は現在約70センチです。
位置的にわずか40キロ南の横手市では積雪約180センチを超え、
自衛隊の出動要請があったばかりです。

自宅前
70センチ程度の雪は平年並みで慣れてはいますが、降雪があった朝は除雪作業が欠かせません。
自宅のには除雪した雪の小山が徐々に大きくなってきました。

小屋の屋根1
小屋の屋根には雪庇がせり出してきました。

小屋の屋根2
暖気がきた時に屋根の雪が滑り落ちやすくするため、雪庇を落としました。

隣家との間隔が大きい田舎では、屋根の雪が滑って落ちるようにして雪下ろしの手間を省きます。
寒気が居座ってなかなか雪が滑り落ちない時は、小屋の2階でファンヒーターを2~3台稼働させて
小屋裏を暖めて落雪させます。
肉体にはやさしい究極の裏技です。

大雪と雪下ろしによる犠牲者が少しでも減少するよう祈るばかりです。


シオデ栽培の詳細は「ひでこ屋」のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。
迎春
新年早々寒波到来で寒い日が続きます。

庭
庭には除雪した雪で雪の小山ができはじめました。

除雪機
自宅の庭に積もった雪は3カ所に堆積しています。

1カ所目は自宅前で、ローダーで寄せた雪を堆積しています。

2カ所目は自宅の南西側に集めてから除雪機で畑へ飛ばします。

除雪機1
3カ所目は自宅の西側で、市道出入り口などの雪を寄せ集め、畑へ除雪機で飛ばします。

雪の降らない南国とは違い、雪国では朝の除雪作業が日課となります。

昨年はほとんど降雪がなく、体力的に楽な冬でしたが、今年は違うようです。

ローダーと除雪機を使い分けての除雪作業は約1時間ほどかかります。

この先、どんな冬となるのか.....春が来るのを楽しみに....

新型コロナウイルスが1日も早く収束するよう祈りながら....

本年もよろしくお願いします。


シオデ栽培の詳細は「ひでこ屋」のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村


いきなり大寒波到来

雪国とは言え、今週に入っていきなりの大寒波は体にこたえます。
庭の畑
 写真は自宅裏の畑です。

当地は比較的雪が少なく、15センチ程度しか積もっていません。
横手市では80センチ超えの大雪だそうです。
それでも新潟などの大雪に比べたらかわいいものです。
周辺のスキー場は19日から営業を始めるようです。


ショベル
除雪作業も始まりました。
中古で購入してから20年目となるローダーが頼もしい相棒です。


苗置場
苗置き場も雪で覆われて真っ白になりました。

今年の冬はどんな冬となるのか気がかりです。
雪も寒さも程々であれば良いのですが.....


シオデ栽培の詳細は「ひでこ屋」のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村


シオデ種子の越冬方法

今年も降雪の前にシオデの種子を越冬させるべく対策しました。
種子
10月中旬に採取した種子はところどころカビが生えていました。

ネット詰め
種子をネットに入れます。
カビが生えていてもかまいません。

梱包
水稲用の育苗箱でサンドイッチにして梱包します。
これは野ネズミなどの動物に食べられたりしないようにするためです。
私は水稲用の育苗箱を使用していますが、何でもかまいません。

設置
毎年使用している越冬場所に枯葉のベットを作り、種子を置いて上からさらに枯葉をかぶせます。

完了
これで完了です。
雪が積もると枯れ葉の中は零度前後に保たれて種子は登熟が進み、翌年の春に洗い出しが容易となります。
冷凍庫で越冬しても良いのですが、翌年の春に種子を洗い出す時に冷凍した種子は難儀します。

土中に埋め込んで越冬しても良いのですが、試行錯誤のうえ枯葉の中が最適との結論に達しました。


苗置場2
苗置き場には来春出荷予定の3年物の苗が並んでいます。

苗置場3
こちらのポットは1年物の苗で、寒肥として鶏糞を施しました。

今年の春に播種した苗は銀色の遮光ネットの下で来春の発芽を待っています。


オデ栽培の詳細は「ひでこ屋」のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村




プロフィール

ひでこ屋

Author:ひでこ屋
秋田民謡「ひでこ節」発祥の地で、山菜シオデ(別名ひでこ)の栽培に取り組み、シオデ苗の生産販売を始めた農業と士業を兼業するオヤジです。

☆取り扱い商品
  シオデ(別名ひでこ)苗
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR