fc2ブログ

山菜栽培とシオデ(ひでこ)苗の生産販売を始めた行政書士・土地家屋調査士のブログ

シオデ苗の鉢上げ

7月に入り、毎年恒例となるシオデ苗の鉢上げ作業をしました。
ポット用培土
ポットに入れる培土は、前年に植え替えした時に回収した古い培土に新しい培土と「籾殻クン炭」「炭の粉」などを混合して作ります。

培土混合
混合はプラスチック製の衣装ケースを利用して手作業で行います。

苗選別1
今年の苗はよく出来ました。

苗選別2
苗箱の中から苗を掘り出し、良い苗を選別します。
左手前の苗は、細かったり短かったりして廃棄する苗です。
右側が選別した優良な苗です。
優良な苗は少なく、ほとんどが廃棄処分となります。

選別3
優良な苗は、根が発達しており、茎もしっかりしています。
種がまだ残っているものと、残っていないものがあります。
新苗はこの時期まで種子の養分で育ち、その後、種から離れて自活して行きます。
右側の苗には種の横に、来年目を出す新芽が育っているのが確認できます。

鉢上げ
植え替え作業は毎年妻と姉に手伝ってもらっており、感謝・感謝です。

鉢上完了
2日かけて約1000個の鉢上げが完了しました。


シオデ栽培の詳細は「ひでこ屋」のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



シオデの種蒔き-その2

シオデの種蒔き後編です。
床土1
苗箱に床土をいれます。
床土は、ポット植え替え時の古い土を1年休めてリサイクルした土に新しい培養土を足した物を使用しています。
床土には「もみ殻クン炭」と土壌改良用の「木炭粉」を混ぜています。

種子2
播種する前に種子の水分をよく取り除いておきます。そうしないと手にまとわりついて、手から種がうまく離れないのです。
水分の除去にはペットシーツを利用しております。

穴あきトレー

播種
播種はプラグトレーの穴を利用して均等に蒔きます。


覆土
3センチぐらい覆土します。

散水
播種した後はたっぷりと散水します。

枯れ葉1
苗箱をしっかりと土中に埋め込んでから、枯葉をかぶせます。

枯れ葉2
枯葉は種子の乾燥を防いでくれます。

完成
遮光ネットで覆えば完成です。
昨年は遮光ネットの上から、さらに遮光ネットのトンネルで覆っておりましたが、今年から止めました。
枯葉を厚めに敷いたので多分大丈夫でしょう。


シオデ栽培の詳細は「ひでこ屋」のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村




シオデの種蒔き-その1

6月上旬にシオデの種蒔きをしました。
種子2

シオデの種は昨年の12月から越冬用の枯葉の中で冬を越しました。
越冬1

枯葉の中には、こんな感じでシオデの種が越冬しました。
越冬2

水稲用の育苗箱でサンドイッチにされた中にはネットに入れたシオデの種が入っていました。
種子1

こうして冬を越した種子の洗い出し作業は、秋に洗い出しを行うよりもずいぶん楽に種が洗い出せます。
洗い出し1

洗い出し2

洗い出し3

種子2
播種する前には種子の水分をなるべく少なくします。
そうしないと手にくっついて均等に蒔くことが難しいからです。
種子4
種蒔きブログは、その2に続きます。


シオデ栽培の詳細は「ひでこ屋」のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村





プロフィール

ひでこ屋

Author:ひでこ屋
秋田民謡「ひでこ節」発祥の地で、山菜シオデ(別名ひでこ)の栽培に取り組み、シオデ苗の生産販売を始めた農業と士業を兼業するオヤジです。

☆取り扱い商品
  シオデ(別名ひでこ)苗
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR