FC2ブログ

山菜栽培とシオデ(ひでこ)苗の生産販売を始めた行政書士・土地家屋調査士のブログ

シオデの種蒔き-後編

シオデの種蒔き-後編です
今回は、昨年までの経験を踏まえて苗箱を土中に埋め込みます。
苗箱1

苗箱2
14個を埋め込みました。


枯葉1

枯葉2
より自然に近い状態で、種を乾燥させないよう、表面に枯葉を敷き詰めます。
この枯葉は、この冬、種を越冬させた時に使用した枯葉で、水分の多い状態の枯葉を使用しました。

遮光ネット
枯葉をさらに遮光ネットで覆います。

完成

完成2
さらに、遮光ネットのトンネルで覆い、完成です。

花壇の一部に種を直播きしてみます。
花壇1
あまった種を筋蒔きしてみました。

花壇2
覆土は市販の黒土を使ってみました。

花壇枯葉
覆土のうえを枯葉で覆います。

遮光1
遮光ネットを二重にして押さえます。

猫よけ
猫よけの薬剤を周りにまいて完成です。

花壇完成
ここ数年、苗箱に蒔いた種を乾燥させずに夏を超す方法を模索してきました。
3年ほど失敗続きで、どうすれば暑い夏を越せるのか確実な方法を考えておりました。

木の下の日陰や杉林の中など、色々試してきましたが、直播きするのが一番確実であることがわかりました。

ところが、直播きした苗は、種どおしの間隔が狭いため、発芽した後、あまり大きく育ってくれません。

発芽した後で、あまり大きくならないうちに成長スペースを確保できるように植え替えてあげなければならないのです。

昨年までは、木の下や林の中に苗箱を置く時に防草シートを敷いてから置いておりました。
その方法では、いくら上部に枯葉や敷き藁をしても、日陰に置いても種の乾燥を防止できなかったようです。

そこで、播種した苗箱を土中に埋め込む方法を考えました。
今年こそ成功したいものです。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村 通販ブログ
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ひでこ屋

Author:ひでこ屋
秋田民謡「ひでこ節」発祥の地で、山菜シオデ(別名ひでこ)の栽培に取り組み、シオデ苗の生産販売を始めた農業と士業を兼業するオヤジです。

☆取り扱い商品
  シオデ(別名ひでこ)苗
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR