FC2ブログ

山菜栽培とシオデ(ひでこ)苗の生産販売を始めた行政書士・土地家屋調査士のブログ

シオデの種蒔き (番外編)

シオデの種蒔きで残った種子を新しい方法で蒔いてみました。
播種1
シオデの種は液果のまま枯葉の中で越冬させるのが一番良い事が解りました。
昨年のチャレンジは、液果のまま地面に種子をばら撒いて覆土する方法でした。
これが、見事に成功しましたので、今年は苗箱に越冬した液果を播種してみます。

播種した種を乾燥させずに、適当な水分を保ったまま暑い夏を乗り切る事ができるのか、
これまでの経験を元にチャレンジしてみます。


播種2
適当な密度で種を配置します。
昨年のばら撒きした苗は良く発芽しましたが、苗の密度が非常に高く、1本ずつの成長スペースを確保するために、
発芽後苗が小さいうちに苗箱へ移植する必要がありましたので、最初から間隔を開けて種を配置しました。


覆土
床土と同じ無肥料の培養土で覆土しました。

完了
これで水管理を気をつけながら夏を越してみます。


シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村 通販ブログ


関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ひでこ屋

Author:ひでこ屋
秋田民謡「ひでこ節」発祥の地で、山菜シオデ(別名ひでこ)の栽培に取り組み、シオデ苗の生産販売を始めた農業と士業を兼業するオヤジです。

☆取り扱い商品
  シオデ(別名ひでこ)苗
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR