FC2ブログ

山菜栽培とシオデ(ひでこ)苗の生産販売を始めた行政書士・土地家屋調査士のブログ

シオデの種子の越冬方法

10月に採取したシオデの種子を越冬させます。

種子の越冬は毎年の事ですが、その方法は毎年少しずつ進化してきました。

始めた頃は種子を洗い出してからバーミキュライトをまぶして土中に埋めたり、冷凍保存しておりました。

毎年試行錯誤を重ねて現在の方法にたどりつきました。

液果1
採取したシオデの液果

液果2
今年は液果をバラバラにしからて越冬させる事にしました。
その方が種子を洗い出す時に楽だからです。

液果3
分離作業が終わりました。

ネット
ネットに入れます。

保護1


保護2
ネズミなどの動物がたべられないように、水稲用の育苗箱でサンドイッチ状態にします。

越冬場所
いつもの越冬場所にセットして枯葉で覆います。

完成
これで越冬準備完了です。

シオデの種はまもなく降ってくる雪の下で春を待ちます。

要するに、種子が乾燥せずに越冬出来れば良い訳ですが、土中に埋めるより枯葉の中の方が良い環境で冬を越せます。

ひと冬超して春になると、枯葉の中で越冬した種子は色が濃くなっており、成熟しているのが解ります。

冷凍した種子は、洗い出す時になかなか分離しませんが、枯葉の中で越冬した種子は簡単に分離します。



シオデ栽培の詳細は、私のホームページ「ひでこ屋」.com]をご覧下さい。
ひでこ屋バナー2

にほんブログ村 花ブログ 山菜へ
にほんブログ村 山菜 
ブログランキングに参加してます。ポチッと押してネm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村 通販ブログ


関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ひでこ屋

Author:ひでこ屋
秋田民謡「ひでこ節」発祥の地で、山菜シオデ(別名ひでこ)の栽培に取り組み、シオデ苗の生産販売を始めた農業と士業を兼業するオヤジです。

☆取り扱い商品
  シオデ(別名ひでこ)苗
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR